森をつくるプロジェクト

快適な生活を木とともに

   
AMENITY LIFE WITH WOOD
未来の子どもたちの為、自分たちにできる事を考え、小さい事をコツコツ継続し、地球環境を守ることが地域社会へのメッセージになると考えています。
タカシマグループのプレカット工場では年間産約30,000坪の住宅を加工しています。

加工において出てくる端材は、使い回しできる物は使い回しますが、焼却処分や産業廃棄物となっているのが現状です。

その端材の再利用を考え、インテリアや家具・DIY商品にカットした商品等に再生し、再生可能なまちづくりの事業の一貫として立ち上がったプロジェクトです。

再生可能な木材と
森をつくっていく

20世紀はコンクリートの時代。
21世紀は木材の時代。
木造建築はしっかりとメンテナンスをおこなえば半世紀以上の耐久性があります。

使用した木材を再生していくことで、限られた資源から地球環境に優しい資源へと変化します。

プレカット時に出る破材を新たな商品へと変え、お客様に販売を行います。
そこで出た利益を「木の苗」に変え、森に返します。
未来の子供達に素晴らしい森を残すのが我々の責任だと考えます。
AMENITY LIFE WITH WOOD

取組み紹介

再生可能な木材と森をつくっていくため、様々な取組みを行なっております。